無限姉妹-走馬灯症候群-

弐進座

未来を舞台としたオカルトサスペンス開幕。23世紀の日本を舞台に、霊能力者の少年が猟奇事件を解き明かす。  二十三世紀、大部分の人類は肉体を廃棄し、その精神を量子ネットワークへ移植していた。彼らは、縁身(エンジン)と呼ばれるサイボーグを駆使し、現実世界で活動している。  そんな未来の日本において、「御次 仁(ミツギ ヒトシ)」は例外だった。御次は量子化移植に失敗し、ネットワークへ精神を移植できなかった単身(モノ)と呼ばれる人間だった。彼は肉体を持ち、呼吸をし、そして現実でしか生きられず、容易に死ぬ。  高校生の御次は、単身であることを理由に差別され、サイボーグのクラスメートからのイジメを受けていた。御次はイジメ問題を解決する内に、猟奇事件へ巻き込まれていく。 【ビジュアル文芸とは】 イラストと文章を組み合わせた新しいカタチの作品です。 小説でも漫画でもない、新たな作品をぜひお楽しみください。 ※「無限姉妹」は大人気ノベルゲームをコミカワ掲載用に再構成したものです。

ジャンル - 一般向けコミック
ミステリ SF サスペンス

作品一覧


コミックの読み方