太陽よ、父と叫べ

矢尾いっちょ

「私は思う。この世に常識と呼べるものなんてほとんどない。だって今…」 弟と二人暮らしの女子高生、星合 夜居(ほしあい よずえ)はある日、化け物に襲われたところを謎の男に助けられる 呆然とする夜居。そんな彼女に男は言う 「おめーらの父親になってやる」 そのあまりに突拍子のない提案は、彼女の今までの世界をいともたやすく壊していく…

ジャンル - 少年コミック
SF 格闘・アクション ギャグ・コメディ

作品一覧

スポンサーリンク


コミックの読み方