魔女軍師シズク

ヒーロー文庫編集部

長谷川雫は、史学研究会に属し、いわゆる歴女であること以外はどこにでもいる普通の女子高生として生活を送っていた。猫を被り、同級生とのくだらないお喋りに興じる日々の中、才色兼備で誰にも媚びない孤高の存在、藤堂朱と放課後に交わす一時の逢瀬だけが雫の楽しみだった。しかし、藤堂は意味深な言葉を残して、何の前触れもなく消えてしまう。突然消えた藤堂に憤っていると、自宅への帰り道で不思議な声に呼びかけられた。雫はその声が藤堂の迎えだと感じ、「理想郷」への旅立ちを受け入れる。時は流れ、異世界に導かれた雫は、田舎の村で異邦人としてこき使われる屈辱に耐え、どうにか日々を過ごして逃走のチャンスを窺っていた。そんなある日、大勢の兵士に村が襲われ、火を放たれてしまう。火事場泥棒のチャンスだと、雫は惨状の中を飛び出していくのだが――。

ジャンル - その他
戦争 歴史 ファンタジー 冒険・ロマン

作品一覧